ページ目次
コナ国際空港到着
送迎バスへの乗車
レンタカー営業所
    までの所要時間
レンタカー事前予約
      のすすめ
レンタカーへの乗車
宿泊エリアへ向かう
おすすめのサービス
       準備品
お勧め現地
OPツアー
マウナケア山頂
  日の出&星空観測
キラウエア火山
  &ハワイ島周遊
ハワイ島
  道路・交通事情
オプショナルツアー
こんな時便利・役立ちます
オプショナルツアーの
お勧めの選び方・申込み方
ドライブで行く
おすすめスポット
ワイピオ渓谷
ホノカア
パーカー・ランチ
 ショッピングセンター
 
旅準備情報ページ
ハワイ場面・場所別
 役立つ便利な持ち物
ハワイWiFiで高額請求の
  心配なくスマホ利用
海外旅行で
   役に立つグッズ
海外旅行で使ってみて
役に立った無料アプリ
アメリカ旅行
当サイトおすすめ
現地ツアー・スポット
 オアフ島
 ハワイ島
 ・お勧め現地
     OPツアー

 ・ドライブで行く
    お勧めスポット

 ・レンタカー借り出し
 サンフランシスコ
 ・お勧め現地
  オプショナルツアー
     
旅行用品の買物は想像以上に時間と手間がかかります。
ネット購入は、貴重な時間・労力の節約ができます。
またネット購入の方が価格の割引が大きかったりします。
スーツケース
サムソナイトが手がける
頑丈なスーツケース
超軽量TSAロック付き
スーツケース
「地球の歩き方ストア」
ソフトキャリーバッグ
地球の歩き方オリジナル
キャリーバッグ
旅の「移動」を
快適にするグッズ
売上ベスト5
人気商品
防犯グッズ
旅の知恵がいっぱい
「地球の歩き方」
オリジナル
バッグ&旅行用品
ESTA
電子渡航認証システム
 概要
 手続き手順
 支払・申請状況確認

ハワイ島でのレンタカー借り出し

ハワイ島はオアフ島よりかなり広大な島ですが、オアフ島のように公共の交通機関は
整備されていません。
自由に行動してハワイ島を楽しむには、レンタカーを利用するのがベターな方法と言えます。

コナ国際空港到着からのレンタカー営業所への移動

コナ国際空港のターミナルを出ると、目の前の道路の中央分離帯に各レンタカー会社の
送迎バスが巡回・停車しています。
尚、コナ国際空港は飛行機から降りると、駐機場を徒歩で歩きターミナルへ向かいます。
ターミナルは平屋で、屋根はもちろんありますが、壁がほとんどないオープンな施設です。
つまり、フロアーの登り下りは無く、距離もありませんので飛行機からターミナル出口まで
時間はかかりません。
但し、機内に預けたスーツケース等は受取らなければなりません。
しかし、飛行機(運搬荷物が少ない)空港自体が小さいので、それほど待たされないようです。

コナ国際空港








このページの先頭に戻る

レンタカー会社の送迎バスへの乗車

ご自身が予約した又は利用予定のレンタカー会社の送迎バスに乗ります。
車体に社名が入っていますので判ります。無料です。スーツケースを持って乗り込めます。
またバスは頻繁に巡回しています。

レンタカー営業所送迎バス








このページの先頭に戻る

レンタカー営業所までの所要時間

レンタカー営業所 コナ国際空港に隣接したエリアにレンタカー大手各社の
営業所・駐車場が集まり並んでいます。
ですから、空港ターミナル前からの各社の営業所までの
所要時間は5分弱ぐらいで(バスの走行距離は1km前後)
ほとんど変わりありません。



このページの先頭に戻る

日本でのレンタカー事前予約のすすめ

手続きをスムーズに済ませ、希望のクラスの車を借りて出発するには、やはり日本出発前
予約をお勧めします。
当サイト管理人が訪れた際、順番が回って来るまで並んで待ちましたが、どの窓口のスタッフ
からも日本語は聞こえてきませんでした。
また事前予約すると割引などのサービスも受けられます(会社によって異なります)。

このページの先頭に戻る

レンタカーへ乗車

手続きが終わるとレンタカーへ向かいます。
当サイト管理人が直近利用したダラーレンタカーでは営業所建物出て、すぐ前の駐車場に
停めてありましたので移動距離はわずかでした。
ですから、車体とハンドル周りの操作をチェックして、出発まで時間はかかりませんでした。

このページの先頭に戻る

宿泊エリアへ向かう

【カイルア・コナへ】

コナ空港カイルア・コア区間コナ国際空港から南へ向かいます。
空港からカイルア・コナの区間は片側複車線あり、
おそらく、ハワイ島の中で最も走行しやすい区間では
ないかと思います。
20分程度の所要時間です。


【ケアウホウ・コナへ】

ケアウホウ・コナカイルア・コナから更に南に向かいます。
カイルア・コナ過ぎた辺りから片側1車線になります。
中央分離帯などは無いつくりの道路です。
所要時間はコナ国際空港から30分ぐらいです。



【ワイコロア・ビーチ・リゾート方面へ】

ワイコロアへコナ国際空港から北へ向かいます。
道路は空港から先、北方面は片側1車線になります。
やはり中央分離帯はありません。両側溶岩地帯で、
ほとんど緑が無いエリアを走行していきます。
所要時間は30分弱です。


このページの先頭に戻る

ハワイでのレンタカー利用でおすすめのサービス、準備品

【カーナビゲーション】

カーナビゲーション日本製のカーナビほど性能はよくありませんが、日本語
音声案内
をしてくれます。ラクができ、安全です。
同行の方もナビゲーターとして地図を見ずに済み景色
楽しめます。

到着予定時間も確認できますので(レンタカー会社・機種に
より異なります)、目的のスポットへの訪問を別の日に
すべきか等の判断もできます。ハワイ島は広大でスポット間の距離が離れていますので冷静な
判断も必要かと思われます。

カーナビ本体は、日本のレンタカーと違い、運転席ダッシュボードに埋め込まれていません。
車と別のオプション品として借り出し、取付設置します。電源を通常、シガーソケットから
取ります。
ですから例えばシガーソケットをiPodなどの携帯音楽プレイヤーをカーステレオに接続する
ために使用したり、その他機器の充電に利用する等したい場合、対応器具を日本で準備し
持参しないと同時には使用できませんので注意が必要です。
参考:対応接続器具(当サイト内別ページにリンクしてあります)

【ロードサービス】

広大なハワイアクシデントによるレッカー牽引、鍵の閉じ込み、ガス欠、
スペアタイヤ交換、バッテリー上がり等々のドライブ中の
トラブルの際の救援サービスをレンタカー手続き時に申込み
ご利用されることをお勧めします。

ハワイ島は本当に広大です。オアフ島とはまったく違います。
人家が見当たらないエリアを走行することがほとんどです。
万一トラブルがあると身動きがとれなくなってしまいます。また運よく地元業者のサービス等
を利用できたとしても、予想外の大きな出費になる可能性が大です。

【携帯電話、スマートフォン】

救援サービスを準備しても、連絡がとれなければ活用できません。海外通話のできる携帯電話
を準備されることをお勧めします。
伝える内容は、トラブルの種類、現在位置などで足りるかと思います。

スマートフォンなら、翻訳アプリをインストールしておけば、伝える内容を英訳し確認して
から連絡できます。
現在位置もカーナビが無い場合でも、マップアプリで確認できます。但し、インターネット
接続できる設定が必要です。
海外旅行で役立つ無料アプリ(当サイト内別ページにリンクしてあります)

また、スマートフォンの場合、多くの機種は海外通話設定がご自分で出来ます。
現地での発信通話料は1分間120円強ぐらいです。
使用しなければ、通話設定していても通話料金は発生しません。

当サイト管理人がハワイ島で確認した際は、ジャングルが続く様なエリアでもない限り
アンテナは立っていました。
また、通話回線のアンテナが立っているところでは、WiFiルーターによるインターネット
接続・利用できました。
ハワイWiFiについて(当サイト内別ページにリンクしてあります)

このページの先頭に戻る