ページ目次
ノースショア
  &タンタラス夜景
カイルアビーチ
  &タウン他
サンセット
  ディナー・クルーズ
ハナウマ湾
  シュノーケリング
東海岸ツアー
オアフ島1日観光
イルカに会う、
  触れるツアー
オプショナルツアー
こんな時便利・役立ちます
オプショナルツアー
現地より日本出発前に!
お勧めの選び方・申込み方
オアフ島スポット案内
パール・ハーバー方面
モアナルア・ガーデン
アリゾナ記念館
戦艦ミズーリ記念館
アロハ・スタジアム
島中央部
ドール・プランテーション
ノース・ショア
ハレイワ
ノース・ショアのビーチ
カフク・タウン
ワイキキ付近
タンタラスの丘
ダウンタウン付近
アロハ・タワー
ダウンタウン史跡・名跡
東海岸(ウインドワード)
クアロア・ビーチパーク
南東部
カイルア・ビーチ
カイルア・タウン
ヌウアヌ・パリ展望台
マカプウ岬
ワイマナロ・ベイ・ビーチパーク
 
旅準備情報ページ
ハワイ場面・場所別
 役立つ便利な持ち物
ハワイWiFiで高額請求の
  心配なくスマホ利用
海外旅行で
   役に立つグッズ
海外旅行で使ってみて
役に立った無料アプリ
アメリカ旅行
当サイトおすすめ
現地ツアー・スポット
 オアフ島
 ・お勧め現地
  オプショナルツアー

 ・スポット案内
 ハワイ島
 ・お勧め現地
  オプショナルツアー

 ・ドライブで行く
    お勧めスポット

 ・レンタカー借り出し
 サンフランシスコ
 ・お勧め現地
  オプショナルツアー
     
旅行用品の買物は想像以上に時間と手間がかかります。
ネット購入は、貴重な時間・労力の節約ができます。
またネット購入の方が価格の割引が大きかったりします。
スーツケース
サムソナイトが手がける
頑丈なスーツケース
超軽量TSAロック付き
スーツケース
「地球の歩き方ストア」
ソフトキャリーバッグ
地球の歩き方オリジナル
キャリーバッグ
旅の「移動」を
快適にするグッズ
売上ベスト5
人気商品
防犯グッズ
旅の知恵がいっぱい
「地球の歩き方」
オリジナル
バッグ&旅行用品
ESTA
電子渡航認証システム
 概要
 手続き手順
 支払・申請状況確認
  

スーツケース通販&レンタル
        ハワイ旅行に便利なスーツケースとは?

ハワイ旅行オアフ島おすすめスポット、オプショナルツアー

ワイキキ付近で過ごすのもよいですが、オアフ島は魅力的なスポットが沢山あり、
しかもコンパクトに詰まっている、観光するのに理想的と言える場所です。
是非、少し足を伸ばしてオアフ島を楽しまれることをお勧めします。

しかしレンタカーを利用しない場合、あるいはオアフ島で初めてレンタカーを利用する場合
などは簡単には行けない場合もあります。
そこでオプショナル・ツアーを利用した方が、家族・同行者の安全が図れる、または確実・効率
が良い
楽しめるという観点で、おすすめのツアー、スポットをご案内させていただきます。
また、マリンスポーツやクルージングなど特別な道具や乗り物を利用するツアーも合わせて
ご紹介させていただきます。
個人で観光される方にも、当ページが参考になりましたら幸いです。

ノースショア(ハレイワ)・タンタラス夜景ツアー

【訪れるスポット】

この木なんの木♪の「モアナルア・ガーデン」、観光農園「ドール・プランテーション
ノースショアのビーチ&野生のウミガメ見学」、ハワイの田舎町「ハレイワ・タウン
素晴らしい夜景「タンタラスの丘(夜)」他

オアフ島ノースショア

【おすすめする理由・スポット留意事項】

①オアフ島の南のワイキキとは島反対側に位置するノース・ショアの各ビーチ、
 オールドハワイの風情あるハレイワ・タウンを散策ができます。

ウミガメが見れるラニアケア・ビーチは訪問者の多さに対して駐車スペースが
 それほど無いため、付近が渋滞し、個人でレンタカーで行くと駐車までに
 時間がかかる、停められず通り過ぎてしまうなどの可能性があります。

③タンタラスの丘からの夜景は素晴らしいです。ですが安全面を考えると個人で
 夜間に行くのは避けた方が賢明です。
 アクセス道路への入り口が判り難いと言われています。初めてや、久し振りの訪問、
 ましてや、暗い夜間は尚更、判り難いと思われます。
 当サイト管理人は久し振りの訪問の際、昼間にカーナビ案内でも間違いそうになり
 ました。

午後出発なので、1日拘束に抵抗感がある方にもおすすめです。また日本語案内です。

このページの先頭に戻る

天国の海カイルア~ノースショア(ハレイワ)観光

【訪れるスポット】

美しいビーチ全米№1選出歴もある「カイルアビーチ」、注目の街「カイルア・タウン
この木なんの木♪の「モアナルア・ガーデン」、観光農園「ドール・プランテーション
ラニアケア・ビーチ&野生のウミガメ見学」、ハワイの田舎町「ハレイワ・タウン

カイルアビーチ&タウン

【おすすめする理由・スポット留意事項】

①ハワイのビーチと言えば連想されるのはワイキキ・ビーチですが、ハワイ旅行に仕事で
 関わる方々、つまりハワイに通じた方々が訪問を強く推すのがカイルア・ビーチです。
 一番の理由は美しさです。砂浜、海、景色すべてが美しい。
 また周辺が、ワイキキと違い海辺の別荘地のような落ち着いた雰囲気があります。

カイルア・タウンは最近注目されているスポットです。
 商業施設も充実していてワイキキにはないタイプのお店でショッピング等楽しめます。
 当サイト管理人が直近(2012年12月)に立ち寄った際、レンタカーの駐車スペースを
 探すのに時間がかかるほど賑わっていました。しかし決して混雑はしていません。
 ゆったりとしていて、お洒落な雰囲気もある街です。

③カイルア・ビーチはウィンドサーフィンのメッカと呼ばれるほど風が強いことで有名
 ですが、時間帯によっては難点といえるほど強くなります。このツアーでは、ほどよい
 午前中から昼過ぎまで滞在し、風が強くなる前にノース・ショア方面の押さえて
 おきたいスポットへ移動します。

このページの先頭に戻る

スターオブホノルル号 サンセットディナークルーズ

【訪れるスポット】

ホノルル、ワイキキの沖合を周航

オアフ島半周1日ツアー オアフ島半周1日ツアー

【おすすめする理由・スポット留意事項】

①夕陽と、海からホノルル、ワイキキの街の夕景を鑑賞できるクルーズツアーです。
 夕陽はもちろん、夕陽に照らされるワイキキは更に思い出に残る景色になります。

17:30出航19:30帰港のクルージングですので、日射しに照らされた街、夕景
 そして陽が落ちるのが早い時期のなると、ワイキキの夜景が鑑賞できます。
 また季節によっては運が良ければクジラにも出会えるそうです。

③船内では、ハワイアンミュージック、フランダンスショーを楽しめます。ハワイらしい
 雰囲気に包まれた時間を過ごせます。

④食事は数種類のコースから選べ、テーブル席で景色を楽しめる窓際席確約プラン(有料
 オプション)も準備されています。

⑤出航はアロハ・タワーが在るホノルル港ピア8からです。
 17:30~19:30のツアーですから、前後にアロハ・タワー・マーケットプレイスでの
 散策を楽しむこともできます。また、日中、オアフ島を楽しんだ上で参加できますので
 貴重な旅の時間を有効利用、充実させることができます。

このページの先頭に戻る

ハナウマ湾ガイド兼インストラクター(日本語)付シュノーケリングツアー

【訪れるスポット】

ビギナーでも熱帯魚と一緒に泳ぎ、サンゴの美しい海を堪能できる「ハナウマ湾・ビーチ」

ハナウマ湾ビーチ

【おすすめする理由・スポット留意事項】

①人気スポットだけに、ぶらっと行っても駐車場満車で幹線道路からの入口にさえ
 入れない事もあります。当サイト管理人もビーチでなく、湾を見下ろす展望台に
 行こうと、ドライブ途中に立ち寄ろうとして入れなかった経験が数回あります。

着替えや、シュノーケル器具の受け取りは、ハナウマ近くのツアー会社のオフィスを
 利用しますので、落ち着いて行えます。更衣室ロッカーが準備されています。
 ハナウマ湾現地は、混雑もあり、レンタル器具を借りるのも、ひと苦労する場合が
 あります。

③このツアーではビーチでの時間が、充分とられています。休憩しながら
 シュノーケリングを楽しめます。また、ハナウマ湾のビーチは南の島の雰囲気がある
 美しい場所です。シュノーケルだけでなく、ゆっくり過ごすのに良いビーチです。

④お昼すぎにはワイキキに戻れますので、旅の時間を有効に使えます。

このページの先頭に戻る

オアフ島 東海岸ツアー

【訪れるスポット】

地元住民にも人気の「マカプウ岬」、白い砂浜と海・空の青が印象的な「ワイマナロ・ビーチ
まさに絶景「パリ展望台」、 この木なんの木♪の「モアナルア・ガーデン
ワイキキ・ホノルルの美しさを再確認できる「タンタラスの丘(日中)」他

東海岸ツアー

【おすすめする理由・スポット留意事項】

①心癒される美しい風景のスポットを効率よく巡ることができます。旅の思い出の写真を
 撮影するのにも絶好のスポットばかりです。お昼過ぎにはワイキキに戻れますので、
 旅の貴重な時間を有効に使えます。日本語案内です。

②駐車スペースが少ないスポットもありますので、ツアーで行けば駐車待ち、
 違反
の心配がありません。
 ハワイは駐車違反に大変厳しいです。また特定の方に許されたスペース(例えば障害者
 専用など)の駐車も、違反となり罰金が科せられます。当サイト管理人も勘違いによる
 駐車違反で、レッカー移動された苦い体験があります。

③気に入った場所には、アクセス手順注意すべき事柄を、このツアーで覚えておけば
 再度、個人でレンタカー等で訪問されると良いかと思います。
 当サイト管理人も、これらのスポットに、何度も繰り返し又は毎回行っています。

このページの先頭に戻る

オアフ島をグルッと1日観光!

【訪れるスポット】

マカデミアンナッツ工場「マカデミアナッツ・ファーム・アウトレット」
前方にチャイナマンズ・ハット島、背にコオラウ山脈の絶景「クアロア・ビーチパーク
エビで有名な「カフク・タウン(ランチ)」「ノースショアのビーチ&野生のウミガメ見学」
ハワイの田舎町「ハレイワ・タウン」、観光農園「ドール・プランテーション」他

オアフ島半周1日ツアー

【おすすめする理由・スポット留意事項】

①ワイキキから有名スポットを通って東海岸へ向かい、ノース・ショアへ北上し
 オアフ島中央部を通ってワイキキへ戻るという島半周ツアーです。オアフ島の
 有名スポットの大半を押さえられます。日本語案内です。

②一気にオアフ島現地の知識が高まります。お気に入りのポイントを見つけ、
 個人で再訪問、または同行者の方を案内する際にも役立つ経験になります。

③レンタカーを運転していると、思わず撮影したくなるシーンに出くわします。
 もちろん運転中は無理なので我慢です。それにハワイ州の現在の法律では、たとえ
 信号待ちで停車中でもドライバーの撮影行為違反で、高額の罰金を科せられます。
 ツアーなら、我慢するストレスを感じず旅を楽しめます。

④東海岸からノース・ショアに向かわず、西方面に向かい「アロハ・スタジアム
 「パールハーバー(アリゾナ記念館・戦艦ミズーリ記念館)」「アロハ・タワー
 「ダウンタウン(史跡・名跡)」などを巡る別ツアーもあります。

このページの先頭に戻る

イルカに会う、触れるツアー

ハワイの海には野生のイルカがいっぱい住んでいます。 ですから群れで泳ぐ様子や、自然の中で遊ぶ姿が見られます。 また東海岸のシーライフ・パーク・ハワイでは、飼育されたイルカと 触れ合うプログラムを楽しむことができます。

イルカに会う、触れるツアー

【おすすめする理由】

①日本でもイルカを見られる又は触れることができるスポットはあります。 しかし、一度は行ってみたいと思っても、なかなか訪ねていく機会はないかと思います。 オアフ島に来たのなら、ワイキキから少しの移動で訪れることができます。

②野生のイルカの間近をシュノーケリングができるツアーもあります。 ライフジャケット着用して安全確保の上、楽しめます。

ウミガメにも会えるかもしれません。また12月~4月の間はクジラを見る可能性があります。

④シーライフパーク・ハワイのツアーでは、施設内ですので、まさにイルカとじかに接する体験ができます。 また小さなお子様でも安全に楽しめます。

このページの先頭に戻る

オプショナルツアーこんな場合に活用すると便利、役に立ちます

家族・同行の方と希望が別れ、別行動をとる場合
 当サイト管理人も、家族は1日オプショナルツアーに参加してもらい、自分は街を
 散策し双方満足のいく旅の1日を過ごせた経験があります。
マリンスポーツ等手続きを必要とするレジャーを楽しみたい場合
 現地でも申し込めますが、手続きに時間がかかって旅の貴重な時間を浪費したり
 英会話が必要だったり、希望のスケジュールでは利用出来なかったりします。
 日本で申し込んでおけば、現地で手続きの時間も不要ですし、ツアーのスケジュールも
 あらかじめ確認できますので、貴重な旅の時間を有効に使えます。
目的地まで長距離ドライブが必要な場合
 レンタカーの運転は楽しいですが、交通ルールが異なりますので緊張も伴って
 長距離・長時間は疲れます。
 また場所によっては、レンタカーの保険が適用除外の場所(未舗装路など)を通る
 必要がある場合もあります。 アメリカで保険が適用されない事故を起こすと
 経済的に深刻な状況になる可能性が大きいです。 
現地の情報を収集できる
 各地、実際に訪れるとガイドブックでは判らない情報・知識が得られます。
 またガイドの方から得られる情報も現地の実情を知るのに役立ちます。ツアー以外の
 個人で訪れる予定のスポットの事を教えてもらう事も出来るでしょう。
 当サイト管理人も、ガイドブックでは判らず、レンタカーで行けるのか不安だった
 翌日訪問予定スポットの道路事情、駐車場事情などをガイドの方に教えてもらい
 安心して家族観光を楽しんだことがあります。
道路・交通事情へ慣れる
 レンタカーを運転される方が、初めての訪問、久し振りの訪問の際は、道路・交通事情
 に慣れる良い機会になります。
 標識周囲の車の動きを見て予習ができます。例えば、日本にはないルールの
 赤信号での右折等がどのように行われているか確認できます。

このページの先頭に戻る

オプショナルツアー選び・申し込みは、現地より日本出発前がお勧め

ハワイ現地でのフリーペーパーにもオプショナル・ツアーが多数掲載されていますが
実際は運営・内容が貧弱なものがあり、その見分けがつきません
当サイト管理人も、半日の拘束時間で目的のマリンスポーツは10分程度というツアーを
利用してしまった事もありました。ガイドはフレンドリーでしたが、観光サービスのプロ
という感じはなく、この程度なら誰でも提供できるだろうというツアーでした。

「現地で見つけて選ぶ方が安い」という話もありますが、安くても内容が貧弱なツアー
では大きな後悔となります。とても貴重な旅の時間を費やしてしまうからです。
「安さ」は重要ですが、「安物買いの銭失い」にならないように、満足できるサービスを
受けられるツアーであるかを見極めることが大切かと思われます。
現地その場では難しいでしょう。

このページでご案内させていただいている「alan1.net」のように、現地の数社の
運営会社
のツアーを紹介しているサイトで、出発前に落ち着いた状況でツアー内容
スケジュール料金(為替レート)利用者の口コミ等を確認しながらじっくり選ぶのが
お勧めです。

そして現地オプショナルツアーを、そのままインターネットで申し込む事ができます。
旅行代理店の店舗に出向いた上に待たされたり、ハワイ現地申込みで「苦労する、時間を
浪費する、質の悪いツアーを選んでしまう」等のリスクを避けることができます。

なお、alan1.netは「オンライン最安値を保証」をセールスポイントにしている
オプショナルツアーのマーケットサイトです。
料金はツアー申込時の為替レートで日本円に換算されます。

VELTRA


このページの先頭に戻る

このページの先頭に戻る