ページ目次
宿泊ホテルで
 電源タップ
 翻訳アプリ
 耳栓
雨季に
 ポケッタブルパーカー
 ラッシュガード
アメリカ旅行
当サイトおすすめ
現地ツアー・スポット
 オアフ島
 ・お勧め現地
  オプショナルツアー

 ・スポット案内
 ハワイ島
 ・お勧め現地
  オプショナルツアー

 ・ドライブで行く
    お勧めスポット

 ・レンタカー借り出し
 サンフランシスコ
 ・お勧め現地
  オプショナルツアー
     
旅行用品の買物は想像以上に時間と手間がかかります。
ネット購入は、貴重な時間・労力の節約ができます。
またネット購入の方が価格の割引が大きかったりします。
スーツケース
サムソナイトが手がける
頑丈なスーツケース
超軽量TSAロック付き
スーツケース
「地球の歩き方ストア」
ソフトキャリーバッグ
地球の歩き方オリジナル
キャリーバッグ
旅の「移動」を
快適にするグッズ
売上ベスト5
人気商品
防犯グッズ
旅の知恵がいっぱい
「地球の歩き方」
オリジナル
バッグ&旅行用品

ハワイ旅行オアフ・ハワイ島ホテルで役立つ便利な持ち物

電源タップ(変圧器ではありません)

ワイキキのホテル

ハワイでは変圧器が必要ではないかという不安を持たれる方多いようです。 日本が電圧100ボルトに対して、ハワイは110/120ボルトです。 100ボルト用製品も短時間ならそのまま使用しても大丈夫とのことです。

実際、当サイト管理人もこれまで機器にトラブルが発生したことは皆無です。 ですから変圧器はハワイでは使用していません。

但し、ドライヤーの日本国内家庭用(100ボルト)はメーカーでは、海外では使えない 旨案内されています。国内・海外両用タイプをすすめていますのでご注意ください。

尚、デジタルカメラの充電器などは当初から海外での使用が想定されているようです。
当サイト管理人のカメラも確認してみると、100~240ボルト対応となっていました。

カメラ充電器

さて、本題です。
電源タップがなぜ役に立つかというと、最近の私たちの持ち物には カメラ、スマートフォン、ゲーム機、電気ひげそりなど充電を必要とする機器が増えました。
しかし案外、ホテルの部屋で使えるコンセントの数は少ない場合があります。一流とされるホテルでも。
部屋の2人(以上)がそれぞれ数台の充電を必要とする機器を持っている場合、何回にも分けて充電するのは面倒です。 第一、ハワイでそんなことに気を回さなければならないのは腹立たしいことでさえあります。

ホテル客室

ですから、コンセント口が複数ある電源タップをお持ちになることをお勧めします。
但し、電圧は100ボルト用でなく、ハワイの110/120ボルト対応の必要があります。 良くチェックして購入準備してください。

当サイト管理人は店頭に探しに行きましたが案外無いもので、数店舗まわるなど、購入まで手間がかかりました。

電源タップ

ハワイでは当サイト管理人は、スマートフォン、WiFiルーター、カメラ2台の充電のため、計4口のコンセントを必要としました。また、同室の家族はカメラ1台でしたので合計5口を必要でした。
対して、ハワイのホテルの部屋では、コンセント口は部屋備え付けの各電気器具のプラグで埋まっていて、使えるコンセントの口数は2つでした。 しかし、電源タップのおかげでストレスを感じることなく充電でき、翌日の準備ができました。
電源タップのご持参をおすすめします

購入準備の時間の節約、またはお時間が無い方は、ネットショップで準備されるのがよいかと思います。

ネットで購入はコチラ >>>100V~250V、対応の海外用電源タップ

このページの先頭に戻る